トップページ >>  『テンポジムショ』会員規約

『テンポジムショ』会員規約

第1章 総  則

第1条(会員規約)

この会員規約は、株式会社テンポジムショ(以下「当社」)が運営する「テンポジムショ」 (以下「本サービス」といいます)を、会員が利用する際の一切に適用します。

第2条(定義)

「会員」とは、当社との間で会員契約を締結している者、及び法人、団体又は家族等が締結した会員契約に基づいて本サービスの利用を承諾した者をいいます。

第3条(規約の範囲)

当社が定める本サービス利用に関する規約等(以下「利用規約等」といいます)は、名目の如何にかかわらず、この会員規約の一部を構成するものとします。

この会員規約本文の定めと利用規約等の定めが異なる場合は、利用規約等の定めが優先して適用されるものとします。

第4条(規約の変更)

この会員本規約は、当社が変更する旨をホームページ等で公表することにより、会員の了承を得ることなく、変更できるものとします。
なお、権利義務関係が何ら変動しない誤字等の軽微な規約の変更の場合、その変更は公表することなく、当社が独自の判断で変更できるものとします。

第5条(個人情報)

当社が会員から得た個人情報(以下「個人情報」)は、本サービス運営、および店舗・事務所等の出店・退店に関する情報提供の目的で使用し、それ以外の目的で使用しません。
当社は、個人情報を当社、当社の関連会社、当社提携先(将来的に提携する者も含みます)などの利害関係者を除き、第三者に対して提供しないものとします。
ただし、裁判所・警察等の要請がある場合、人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合を除きます。

会員が自らの個人情報の変更もしくは削除を希望する場合、当社に連絡し、本人確認等の所定の手続きを経て、個人情報を変更もしくは削除するものとします。
会員が個人情報の提供を拒んだ場合、本サービスを利用できません。

会員は、本サービスを通じて個人情報を取得した場合、自己の責任で個人情報保護に関する法律を遵守するものとします。

第6条(秘密保持)

会員が本サービスを利用するうえで当社へ開示した情報および提出した資料は、原則として本サービスの利用者に公開されるものとし、当社は当該情報について秘密保持義務を負わないものとします。

第7条 (財産権)

本サービスを通じて提供されるテキスト・写真・画像等の情報に関する財産権は、当社に帰属し、著作権法、商標法、意匠法等により保護されています。

第2章 会  員

第8条(会員契約の申込)

本サービスの利用を希望する者は、本サービス所定の方法により、会員契約の申込を行うものとします。
会員契約の申込をした者(以下「申込者」といいます。)は、会員契約の申込を行った時点で、この会員規約の内容に対する承諾があったものとみなします。

第9条(申込の承諾)

以下の各号の条件を全て満たした者を本サービスの会員(以下「会員」)とします。

(1) 本規約に同意した者
(2) 当社所定の登録情報を当社へ提出した者
(3) 当社が前号の登録情報を受領し、IDおよびパスワードを発行した者

第10条(申込の不承諾)

本サービスは申込者が以下のいずれかに該当することがわかった場合、その者の会員契約の申込を承諾しないことがあります。
なお、既に会員として登録されている者についても、以下の条件に当てはまっている場合、当社は何ら通告なく、当社の判断により随時に本サービスを中止、もしくは強制退会処分とすることができるものとします。

(1) 申込者が実在しない場合
(2) 申込者が未成年者、被成年後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであり、申込の手続が成年後見人により行われる、あるいは法定代理人、保佐人、補助人の同意がある等、行為能力を保管する方法によって行われていない場合。
(3) 日本国外に在住の者
(4) 申込をした時点で利用料金等の支払を怠っていること、又は過去に支払を怠ったことがある者
(5) 申込の際の申告事項に、虚偽の記載、誤記又は記入漏れがあった場合
(6) 破産状態もしくはそれと同等の状態にあり、信用状態が著しく悪化している者
(7) 差押え、仮差押え、仮処分、租税滞納処分等を受けている者
(8) 二重に会員登録している者
(9) 当社、本サービス、又は他の会員の信用もしくは権利を侵害する恐れがあると当社が判断した者
(10) 暴力団員(準構成員個人を含みます)、その他の反社会的団体の構成員等
(11) 公序良俗に反する行為をした者
(12) 犯罪歴がある者
(13) 会員規約の違反等により、過去に当社よりIDの一時停止、強制退会処分を受けたことがある者
(14) 本規約に違反した者

前項の措置により会員が損害を被った場合、当社はその責任を一切負わないものとします。

第3章 会員の義務

第11条(ID・パスワード)

会員は、会員登録時に当社から付与されたID、およびパスワード(以下「ID」)をいかなる第三者にも開示し、もしくは利用させてはならないものとします。

会員は、IDを善良なる管理者の注意義務をもって管理するものとし、不正使用等により会員に損害が生じた場合においても、当社は一切の責任を負いません。

会員は、紛失、喪失、盗難、誤使用、不正使用等が発生した場合、第三者に知られた場合、またそのおそれがある場合、パスワード等の個人認証情報を失念した場合は、速やかに当社にその旨を報告し、指示に従うものとします。

第12条(譲渡禁止等)

会員は、当社が書面で承認する場合を除き、本サービスの提供を受ける権利を第三者に譲渡できないものとします。

第13条(変更の届出)

会員は、当社へ報告した情報(自らに関する情報や店舗に関する情報)に変更が生じた場合、速やかに当社に所定の方法(書面の提出、オンライン上の送信、電話連絡等)で変更の届出をするものとします。
本条の報告をしなかったことにより、会員が損害を被った場合でも当社は責任を一切負わないものとします。

第14条(禁止行為)

会員は以下の各号に該当する行為をおこなってはならないものとします。

(1) 当社の許可なく二重に会員登録する行為

(2) 当社および他の会員、または第三者に迷惑或いは不利益を与える行為

(3) 手段を問わず、本サービスの運営を妨害する行為

(4) 会員IDおよびパスワードを不正に使用する行為

(5) 本規約に違反する行為

(6) 公序良俗又は法令に違反する行為又はそのおそれがある行為

(7) 当社またはその他の権利者の著作権、商標権その他の権利を侵害する行為又はそのおそれのある行為。

会員が本条項に違反した場合、違反した者は当社に対し、違約金として、発生した実損額を違約金として支払うものとします。

第15条(退会について)

会員は、退会を希望する場合、電子メール、またはFAXで退会希望を本社に連絡し、所定の退会手続の終了後に、退会となるものとします。

退会後、サーバ、またはデータを共有する端末上すべてで、会員の個人情報を削除するものとします。

第4章 サービス

第16条(内容等の変更)

本サービスは、オンライン上に事前通知をした上でサービスの内容、名称又は仕様を変更することがあります。
ただし、変更前に開始されていた個別のサービスについては、サービス完了までの間、当該サービス開始時点の旧規約の内容が適用されるものとします。

第17条(サービスの一時的な中断)

次の各号のいずれかに該当する場合には、当社が本サービスの提供を一時的に中断することがあります。なお、本項に該当したことにより会員に損害が生じた場合であっても、当社はその責任を負わないものとします。

(1) サービス提供用のシステムの保守または工事の都合上やむを得ない場合。
(2) 火災・停電などによりサービスの提供ができないと当社が判断した場合。
(3) 地震、噴火、洪水、津波などの天災、若しくは戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等によりサービスの提供ができないと当社が判断した場合。
(4) 電気通信事業者、電力会社等の公共のインフラ提供者の責により、電気通信サービスが停止した場合。
(5) 当社が利用する電気通信設備に障害が発生した場合。

第18条(他者サービス)

本サービスから他サービスにアクセスし、これを利用する場合は、本社は他サービスに関し一切責任を負いません。
当該他サービスの管理者から利用に係わる注意事項が表示されているときは、これを遵守するものとします。

第19条(免責)

本サービスは、会員が登録した物件情報について、その内容の正確性、適法性、及び信頼性などについて一切責任を負いません。
物件情報内容については、会員の責任に委ねることとします。

本サービスは、会員が本サービス推奨のブラウザ・OS以外を使用したことによる誤動作によって、生じた損害について一切その責任を負いません。

本サービスは、電子メールソフトのルール設定や、プロバイダの迷惑メールブロックサービスの利用など、会員が独自に設定したもの、利用したサービスにより、当社からの電子メールの受信ができず、連絡の遅滞等、生じた損害について当社は一切その責任を負いません。

第5章 利用料金

第20条(会員費)

本サービスの入会費用、年会費は無料です。

第21条(利用料金)

本サービスの利用料金、算定方法等は、本社が別途定めるとおりとします。

第22条(決済手段)

会員は、各サービスの利用料金、債務を、本社が承認した方法で支払うものとします。
なお、特定のサービスによっては決済手段が限定される場合があります。
本社が決済手段を指定した場合、又は変更を求めた場合、会員はこれに応じるものとします。

(1) 預金口座自動払込
会員が指定する金融機関口座からの引き落としにより支払う方法
(2) 請求書による支払い
本社が発行する請求書に基づき、金融機関において支払う方法
(3) その他本社が定める方法による支払

第23条(延滞利息)

会員が債務を支払期日を過ぎてもなお弁済しない場合、会員は支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年14.5%の割合で計算される金額を延滞利息として、債務と一括して、本社が指定した日までに指定する方法で支払うものとします。
また、前項支払に必要な振り込み手数料その他の費用は、全て当該会員の負担とします。

第24条(債権譲渡)

本社は、会員に一定の期間、利用料金の不払い等の事情がある場合、会員に対して有する利用料金その他の債権を、法務省の営業許可を得た債権管理回収業者に譲渡することができるものとします。会員は、この債権譲渡を承諾するものとします

第7章 そ の 他

第25条(準拠法)

この会員規約に関する準拠法は、日本法とします。

第26条(管轄裁判所)

本規約に関する訴訟は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附  則

1.この会員規約は2008年5月1日から改定実施します。